pagetop

>このブログのトップ

どんがら汁

2007-10-05

東北地方、主に青森から山形で食べられている汁物。
特に厳冬期、タラは良く太り丸々となり、少々でも油が乗る。

主な具材:タラの頭、カマ、肝、身、白子、ねぎ、根菜類

主な煮汁:味噌または塩、昆布
ポイント:頭、カマなどのアラは、身、その他の具材を入れる前に一煮立ちさせ、アクを取り除いてから。
ただし、大根を入れる場合は出汁を良くしみこませる為と、大根からもアクが出るので、アラと一緒に入れても良い。
身は皮ごと煮る。

白子、肝は、最後に入れ、ねぎを入れて一煮立ちさせれば出来上がり。

身を入れないものは、じゃっぱ汁という。こちらは汁と、アラに付いた少々の身をせせって食べる。

山形の一部地域では、椀に盛ったあと、岩海苔を乗せて汁に溶かしながら食べることもある。

Posted by admin 08:29:51 │Comments(0)

名前
メール
URL
コメント

▲ページの先頭へ